zukucode
主にWEB関連の情報を技術メモとして発信しています。

カテゴリー「SQL」に関連するページ一覧 4ページ目

  • Oracle 文字列を指定した範囲の長さに切り取る

    Oracleで文字列を指定した範囲の長さで切り取る方法を紹介します。文字数で切り取るにはSUBSTRを使用します。開始位置は先頭の位置を0または1で指定します。(0と1のどちらを指定しても先頭からの指...


  • Oracle 文字列の先頭または末尾の1文字を取得する

    Oracleで文字列の先頭または末尾の1文字を取得する方法を紹介します。1文字を取得するのでSUBSTRBではなくSUBSTRで取得します。


  • Oracle 文字列の中で指定した文字を削除する

    Oracleで文字列の中で指定した文字を削除する方法を紹介します。REPLACEを使用して削除したい文字をNULL(空文字)に置き換えることで削除します。Oracleは空文字をNULLとして扱うので、...


  • Oracle 文字列の半角チェックを行う方法

    Oracleで文字列が半角のみかどうかのチェックを行う方法を紹介します。文字列の長さを文字数とバイト数でそれぞれ取得します。取得した長さを比較して、文字数とバイト数で差異があれば全角文字が含まれている...


  • PL/SQL ストアドプロシージャを作成・削除する方法

    PL/SQLのストアドプロシージャを作成・更新・削除をする方法を紹介します。CREATE PROCEDURE プロシージャ名 ASで作成します。まだ何も処理を実装していない状態ですが、FOOBARとい...


  • PL/SQL パラメータで引数と戻り値を設定する

    PL/SQLでストアドプロシージャのパラメータで引数と戻り値を設定する方法を紹介します。ストアドプロシージャでは、戻り値をRETURNすることができません。なので、戻り値用に引数を用意して、その変数に...


  • PL/SQL 変数を宣言して値を設定する

    PL/SQLで変数を宣言して値を設定する方法を紹介します。ASとBEGINの間で変数を宣言します。宣言と同時に値をセット(初期化)も可能です。変数への代入は=ではなく:=で行います。


  • PL/SQL IF文で条件を指定して条件分岐する

    PL/SQLでIFやELSEを使用して条件を分岐する方法を紹介します。ELSE IFではなくELSIFなので注意が必要です。また、END IFの最後に;をつけるのを忘れないようにします。通常のSQLの...


  • PL/SQL SELECTした結果を変数にセットする

    PL/SQLでSELECTした結果を変数にセットする方法を紹介します。SELECT句のあとにINTO 変数名でSELECTした値を変数にセットできます。設定データが複数件あり、SELECT結果が複数行...


  • PL/SQL カーソルを使用してSELECT結果のループ処理を行う

    PL/SQLでカーソルを使用してSELECT結果の件数分ループ処理を行う方法を紹介します。FETCH カーソル名 INTO 変数名でOPENされたカーソルの結果セットを1行だけ変数にセットします。LO...