zukucode
主にWEB関連の情報を技術メモとして発信しています。

Docker ComposeでCloudBeaverを導入する

Docker ComposeCloudBeaver(Community版)を導入する方法を紹介します。

CloudBeaverとは、ブラウザ上でデータベースをGUIで操作できるツールです。

https://cloudbeaver.io/

OracleSQL Serverなどにも対応しています。

CloudBeaver接続

a5m2のWEB版のようなイメージです。

docker-compose.ymlに以下を追記します。

docker-compose.yml
version: "3.2"
services:
  cloudbeaver:
    image: dbeaver/cloudbeaver:22.1.3
    ports:
      - 8080:8978
    volumes:
      - cloudbeaver:/opt/cloudbeaver/workspace
volumes:
  cloudbeaver:

コンテナを起動後、localhost:8080にアクセスするとCloudBeaverの設定画面が起動します。

Docker環境に構築したOracleに接続する方法はDocker環境に構築したOracleをCloudBeaverで接続するで紹介しています。



関連記事