zukucode
主にWEB関連の情報を技術メモとして発信しています。

vscode TypeScriptのImport文を自動で設定するショートカット

vscodeTypeScriptImport文を自動で設定するショートカットを紹介します。

Importされていない箇所(「Cannot find name 'XXX'」のエラーが表示されている箇所)にカーソルを当てた状態でCtrl+.(ピリオド)を押すと、以下のようにImport文を生成するコマンドが表示されるので、そのコマンドを選択して実行します。
vscode Import文を自動作成

すると、以下のように自動でImport文が作成されます。
vscode Import文を自動作成後

Ctrl+.は上記以外にも例えばeslintのチェックを一部だけ無効にするeslint-disable-next-lineを自動で生成するコマンドなどもあるので、困ったときはCtrl+.を入力してみると解決方法がわかるかもしれません。



関連記事