zukucode
主にWEB関連の情報を技術メモとして発信しています。

react-create-appで作成したプロジェクトにESLintやPrettierなどの設定を行う

react-create-appで作成したTypeScriptのプロジェクトにESLintPrettierなどの設定を行う方法を紹介します。

今回は、TypeScriptReactのルールに加え、airbnbprettierのルールも設定します。

また、react-create-appで作成したプロジェクトにimportのaliasを設定するで紹介した、Importのエイリアスの設定も行っています。

pacakge.jsonの修正

作成したプロジェクトのpackage.jsonに以下の記載があると思いますが、これを削除します。

package.json
  "eslintConfig": {
    "extends": [
      "react-app",
      "react-app/jest"
    ]
  },

パッケージのインストール

たくさんありますが、以下のパッケージをインストールします。

  • @typescript-eslint/eslint-plugin
  • @typescript-eslint/parser
  • eslint
  • eslint-config-airbnb
  • eslint-config-prettier
  • eslint-import-resolver-alias
  • eslint-plugin-import
  • eslint-plugin-jsx-a11y
  • eslint-plugin-prettier
  • eslint-plugin-react
  • eslint-plugin-react-hooks
  • prettier
$ npm install -D @typescript-eslint/eslint-plugin @typescript-eslint/parser eslint eslint-config-airbnb eslint-config-prettier eslint-import-resolver-alias eslint-plugin-import eslint-plugin-jsx-a11y eslint-plugin-prettier eslint-plugin-react eslint-plugin-react-hooks prettier

ESLintの設定

以下のファイルをプロジェクトルート(package.jsonファイルと同じ場所)に作成します。

この通りでないといけないというわけではありませんので、ルールは必要に応じて適宜変更してください。

eslintrc.js
module.exports = {
  env: {
    browser: true,
    es2021: true,
    jest: true,
  },
  extends: [
    'eslint:recommended',
    'airbnb',
    'airbnb/hooks',
    'plugin:react/recommended',
    'plugin:react-hooks/recommended',
    'plugin:@typescript-eslint/recommended',
    'plugin:jsx-a11y/recommended',
    'plugin:prettier/recommended',
  ],
  parser: '@typescript-eslint/parser',
  parserOptions: {
    ecmaFeatures: {
      jsx: true,
    },
    sourceType: 'module',
  },
  plugins: ['react', 'react-hooks', '@typescript-eslint', 'prettier'],
  rules: {
    'no-console': process.env.NODE_ENV === 'production' ? 'warn' : 'off',
    'no-debugger': process.env.NODE_ENV === 'production' ? 'warn' : 'off',
    'react/jsx-filename-extension': ['error', { extensions: ['.jsx', '.tsx'] }],
    'react/react-in-jsx-scope': 'off',
    'react/prop-types': 'off',
    'react-hooks/rules-of-hooks': 'error',
    '@typescript-eslint/no-shadow': ['error'],
    'react-hooks/rules-of-hooks': 'error',
    'react-hooks/exhaustive-deps': 'warn',
    'import/prefer-default-export': 'off',
    'import/extensions': [
      'error',
      'ignorePackages',
      {
        js: 'never',
        jsx: 'never',
        ts: 'never',
        tsx: 'never',
      },
    ],
  },
  settings: {
    'import/resolver': {
      alias: {
        map: [['@', './src']],
        extensions: ['.js', '.jsx', '.ts', '.tsx'],
      },
    },
  },
};

prettierの設定

以下のファイルをプロジェクトルート(package.jsonファイルと同じ場所)に作成します。

こちらも、この通りでないといけないというわけではありませんので、ルールは必要に応じて適宜変更してください。

prettierrc.js
module.exports = {
  printWidth: 100,
  tabWidth: 2,
  singleQuote: true,
  semi: true,
  trailingComma: "all",
};

vscodeの設定

ESLintPrettierの拡張機能をインストールし、設定ファイルに以下を追記します。

settings.json
{
  "editor.codeActionsOnSave": {
    "source.fixAll": true
  },
  "editor.formatOnType": true,
  "editor.formatOnPaste": true,
  "editor.formatOnSave": true,

以上で設定は完了です。



関連記事