zukucode
主にWEB関連の情報を技術メモとして発信しています。

Reactの関数コンポーネントをTypeScriptで作成する

Reactの関数コンポーネント(ファンクショナルコンポーネント)をTypeScriptで作成する方法を紹介します。

使用する型

よく使用する関数コンポーネントの型はFCVFCです。

childrenをパラメータとして持つかどうかの違いがあり、FCchilrenのパラメータを持ち、VFCは持ちません。

実際には以下のような使い方になります。

FC(childrenあり)
<MyComponent>
  子要素(children)
</MyComponent>
VFC(childrenなし)
<MyComponent />

独自に作成するコンポーネントはVFCコンポーネントが多くなるかと思います。

VFCコンポーネント

以下はVFCの型を指定して、送信ボタンのコンポーネントを作成しています。

プロパティについてはReact 関数コンポーネントにプロパティを設定するで詳しく紹介しています。

SubmitButton.tsx
import { VFC } from 'react';

type Props = {
  isSubmitting?: boolean;
};

const SubmitButton: VFC<Props> = ({ isSubmitting }) => {
  return (
    <button disabled={isSubmitting}>
      送信
    </button>
  );
};

export default SubmitButton;

以下のように使用します。

使う側
import SubmitButton from './SubmitButton';

<SubmitButton isSubmitting={isSubmitting} />

FCコンポーネント

以下はFCの型を指定して、コンポーネントを作成しています。(このコンポーネントはreact-router-dom ログイン認証の仕組みを実装するで紹介したものです)

FCコンポーネントの場合はパラメータにchildrenを受け取ることができます。

AuthenticatedGuard.tsx
import { useAuth } from './store/auth';
import { FC } from 'react';
import { Redirect, useLocation } from 'react-router-dom';

const AuthenticatedGuard: FC = ({ children }) => {
  const { isAuthenticated } = useAuth();
  const location = useLocation();

  return isAuthenticated ? <>{children}</> : <Redirect to={{
    pathname: '/login',
    state: { from: location },
  }} />;
};

export default AuthenticatedGuard;

以下のように使用します。

使う側
import AuthenticatedGuard from './AuthenticatedGuard';

<AuthenticatedGuard>
  <AuthenticatedRoute />
</AuthenticatedGuard>


関連記事