zukucode
主にWEB関連の情報を技術メモとして発信しています。

ASP.NET Core reactのSPAのひな型を流用してvueを使用する

ASP.NET CorereactのSPAのひな型を流用してvueを使用する方法を紹介します。

SPAのプロジェクトのひな型にreactは用意されているのですが、vueは用意されていません。

そのため、reactのひな型を作成した後、vueに差し替える形でvueのSPAプロジェクトを作成します。

reactプロジェクトの作成

最初に以下のコマンドでreactのSPAのひな型を作成します。

$ dotnet new react

ClientAppというフォルダがフロント部分(react)の開発フォルダになります。

vue-cliに差し替え

ClientAppフォルダの中身をvue-cliのプロジェクトに差し替えます。

ClientAppフォルダを削除後、以下のコマンドでvue-cliのプロジェクトを作成します。

$ vue create client-app

client-appフォルダが作成されたらフォルダ名をClientAppにリネームします。

フォルダ名をClientAppとすると、以下のエラーになってしまうため、ひとまずclient-appで作成してからClientAppにリネームします。

$ vue create ClientApp
Invalid project name: "ClientApp"
Warning: name can no longer contain capital letters

ASP.NET Coreの設定変更

以下のコマンドでVueCliMiddlewareASP.NET Coreのプロジェクトに追加します。

$ dotnet add package VueCliMiddleware --version 3.1.2

VueCliMiddlewareは開発時にASP.NET Corevue-cliを連携させるために必要になります。

Startup.csのファイルをvue-cliの設定に合わせて修正します。

Startup.cs
using Microsoft.AspNetCore.SpaServices.ReactDevelopmentServer;
using VueCliMiddleware;

// ConfigureServicesファンクション
configuration.RootPath = "ClientApp/build";
configuration.RootPath = "ClientApp/dist";

// Configureファンクション
spa.UseReactDevelopmentServer(npmScript: "start");
spa.UseVueCli(npmScript: "serve");

csprojファイルも修正します。

プロジェクト名.csproj
<DistFiles Include="$(SpaRoot)build\**" />
<DistFiles Include="$(SpaRoot)dist\**" />

以上で設定は完了です。

動作確認

F5でデバッグ実行をします。

初回起動時は以下のダイアログが表示されるので、.NET Coreを選択してください。

VSCode .NET Core デバッグ実行

.NET Coreを選択すると設定ファイルが作成されるので、再度F5でデバッグ実行をします。

ブラウザが自動で起動して、vue-cliのトップページが起動されることを確認できます。

vue-cliのトップページを表示

ソースの監視

上記の設定をした状態で、dotnet watch runでソースを監視し、ソースを変更時はvueの開発サーバーが再起動されます。(毎回npm run serveが走る)

毎回vueの初回ビルドで時間がかかるのは不便なので、ASP.NETのサーバーとvueのサーバーを個別に起動する方法があります。

その方法はASP.NET Core ソース変更時にクライアントサーバーを再起動させない方法で紹介しています。



関連記事