zukucode
主にWEB関連の情報を技術メモとして発信しています。

JavaScript 配列の指定した位置の要素を削除する

JavaScriptで、配列の指定した位置の要素を削除する方法を紹介します。

配列の指定した位置の要素を削除するにはspliceを使用します。

const arr = ['a', 'b', 'c', 'd', 'e'];

// 2番目の要素を削除(先頭は0番目)
arr.splice(2, 1);

console.log(arr); // [ 'a', 'b', 'd', 'e' ]

spliceは配列の要素を削除したり、置換したり、追加したりできる便利なメソッドですが、ここでは削除する使い方のみ紹介します。

splice(削除する位置, 削除する要素の数)の形式で指定します。

位置は、0が先頭の要素になります。

const arr = ['a', 'b', 'c', 'd', 'e'];

// 2番目の要素から2つを削除(先頭は0番目)
arr.splice(2, 2);

console.log(arr); // [ 'a', 'b',  'e' ]


関連記事