zukucode
主にWEB関連の情報を技術メモとして発信しています。

SQL CREATE文でテーブルを新規作成する

SQLでテーブルを新規に作成するにはCREATE文を実行します。

以下のようにCREATE TABLE xxxxxxでテーブル名を指定します。

そのあとに、カラム名と型(桁数)をカンマ区切りで指定します。

CREATE TABLE employee (
    employee_id NUMBER(8,0),
    first_name VARCHAR2(20)
)

主キーを設定する

主キー(プライマリキー)を設定する場合は以下のようにします。

(主キーに設定したカラムにはNOT NULL制約が自動的に付与されます。)

CREATE TABLE employee (
    employee_id NUMBER(8,0),
    first_name VARCHAR2(20),
    primary key(employee_id)
)

プライマリキーのオブジェクト名を指定したい場合は以下のようにします。

constraint xxxxxxにオブジェクト名を指定します。

CREATE TABLE employee (
    employee_id NUMBER(8,0),
    first_name VARCHAR2(20),
    constraint employee_pk primary key(employee_id)
)

カラムの制約を追加する

NOT NULLなどの制約を追加する場合は以下のようにします。

カラムの型名の後に制約を記載していきます。

CREATE TABLE employee (
    employee_id NUMBER(8,0) NOT NULL,
    first_name VARCHAR2(20) DEFAULT '名無し' NOT NULL,
    constraint employee_pk primary key(employee_id)
)

テーブル名やカラム名にコメント(論理名)を設定する方法はSQL テーブルと列(カラム)にコメントを設定する方法で紹介しています。



関連記事