zukucode
主にWEB関連の情報を技術メモとして発信しています。

Windows 10 範囲を指定して画面のスクリーンショットを撮る方法

Windows 10で範囲を指定して画面のスクリーンショットを撮る方法を紹介します。

画面全体の指定した部分のみを切り取ってクリップボードに保存します。

Windows 7を使っていた頃は、WinShotなどのフリーソフトを入れていましたが、Windows 10では範囲指定して画面のスクリーンショットを撮る機能がすでに用意されています。

ショートカットキー

キーボードのwin+Shift+sを同時に押すと、範囲を指定するモードになります。

winとは「Windows ロゴ キー」と呼ばれるのアイコンのキーです)



関連記事

  • Windows 10 クリップボードの履歴を複数管理して貼り付ける方法

    Windows 10でクリップボードの履歴を複数管理して貼り付ける方法を紹介します。通常コピーした文字列は、別の値をコピーすると、最初にコピーした文字列は消えてしまいます。例えば以下の手順で貼り付けを...


  • chromeを使いこなすための便利なショートカット7つ

    WEBブラウザのGoogle Chromeを、マウスを使用せずに使いこなすための便利なショートカットを7つ紹介します。他にもいろいろなショートカットがありますが、最低限以下の7つを使いこなせれば快適に...


  • WEBアプリでプッシュ通知を実装する

    WEBアプリでプッシュ通知を実装する方法を紹介します。googleが紹介している以下のページを参考にしました。ウェブアプリへのプッシュ通知の追加 | Web | Google Develope...


  • JavaScript WEBアプリのプッシュ通知の許可を取り消す方法

    WEBアプリでプッシュ通知を実装するでWEBアプリでプッシュ通知を実装する手順を紹介しましたが、ここでは逆にプッシュ通知削除する方法を紹介します。先のページで紹介したように、ページロード時に以下のよう...


  • webpack postcssを導入する

    webpackでpostcssを導入してautoprefixerなどを行います。postcss-loaderはwebpackでpostcssを行うために必要です。postcssの設定ファイルを作成しま...


  • webpack lessをImportしてビルドする

    htmlやbodyなどに適用するベースのクラスを外部のlessファイルに実装して、スタイルをサイト全体に適用したい場合があります。外部のlessファイルをモジュールとしてImportしてwebpack...


  • webpack-dev-serverでhttpsでのアクセスを可能にする方法

    webpack-dev-serverでhttpsでのアクセスを可能にする方法を紹介します。外部APIのテストや、メディアデバイスのテストなどで、開発中のlocalhostをhttpsにする必要があると...


  • ExtractTextPluginでcssファイルを出力する

    webpackのプラグインExtractTextPluginを使って、ビルドされたjsファイルからstyleの部分を抽出してcssファイルで出力します。extract-text-webpack-plu...


  • webpackの設定を開発環境と本番環境で変更する

    webpack.config.jsで本番環境でのビルドのみコードを圧縮するなどの処理を設定したい場合があります。webpackの設定を開発環境と本番環境で変更する方法を紹介します。cross-envと...


  • webpack-dev-serverで開発サーバーを起動する

    webpack-dev-serverで開発サーバーを起動します。vueファイル(単一ファイルコンポーネント)をwebpackでビルドページで紹介したwebpack.config.jsにdevServe...