zukucode
主にWEB関連の情報を技術メモとして発信しています。

Windows 10 クリップボードの履歴を複数管理して貼り付ける方法

Windows 10でクリップボードの履歴を複数管理して貼り付ける方法を紹介します。

通常コピーした文字列は、別の値をコピーすると、最初にコピーした文字列は消えてしまいます。

例えば以下の手順で貼り付けを行うと、「かきくけこ」が貼り付けされ、「あいうえお」は貼り付けることができません。

あいうえお をコピー
かきくけこ をコピー
貼り付け

「あいうえお」を貼り付けるためには、クリップボードにコピーした文字列を複数管理する必要があります。

Windows 7を使っていた頃は、Cliborなどのフリーソフトを入れていましたが、Windows 10ではすでに用意されています。

ショートカットキー

キーボードのwin+vを同時に押すと、貼り付けをする文字列を選択するウインドウが表示されます。

winとは「Windows ロゴ キー」と呼ばれるのアイコンのキーです)

上記の例だと、「あいうえお」と「かきくけこ」の2つの文字列のどちらを貼り付けるのかを選択できるウインドウが表示されます。


関連記事

  • Windows 10 範囲を指定して画面のスクリーンショットを撮る方法

    Windows 10で範囲を指定して画面のスクリーンショットを撮る方法を紹介します。画面全体の指定した部分のみを切り取ってクリップボードに保存します。Windows 7を使っていた頃は、WinShot...


  • chromeを使いこなすための便利なショートカット7つ

    WEBブラウザのGoogle Chromeを、マウスを使用せずに使いこなすための便利なショートカットを7つ紹介します。他にもいろいろなショートカットがありますが、最低限以下の7つを使いこなせれば快適に...


  • webpack postcssを導入する

    webpackでpostcssを導入してautoprefixerなどを行います。postcss-loaderはwebpackでpostcssを行うために必要です。postcssの設定ファイルを作成しま...


  • webpack lessをImportしてビルドする

    htmlやbodyなどに適用するベースのクラスを外部のlessファイルに実装して、スタイルをサイト全体に適用したい場合があります。外部のlessファイルをモジュールとしてImportしてwebpack...


  • webpack-dev-serverでhttpsでのアクセスを可能にする方法

    webpack-dev-serverでhttpsでのアクセスを可能にする方法を紹介します。外部APIのテストや、メディアデバイスのテストなどで、開発中のlocalhostをhttpsにする必要があると...


  • ExtractTextPluginでcssファイルを出力する

    webpackのプラグインExtractTextPluginを使って、ビルドされたjsファイルからstyleの部分を抽出してcssファイルで出力します。extract-text-webpack-plu...


  • webpackの設定を開発環境と本番環境で変更する

    webpack.config.jsで本番環境でのビルドのみコードを圧縮するなどの処理を設定したい場合があります。webpackの設定を開発環境と本番環境で変更する方法を紹介します。cross-envと...


  • webpack-dev-serverで開発サーバーを起動する

    webpack-dev-serverで開発サーバーを起動します。vueファイル(単一ファイルコンポーネント)をwebpackでビルドページで紹介したwebpack.config.jsにdevServe...


  • webpack モジュールのパスを絶対パスで指定する方法

    自分で作成したモジュールをインポートするときはインポートするファイルを基準に相対パスで指定する必要があります。フォルダ構成によっては深く階層を辿らないといけないので、フォルダ構成が変わってしまうと大変...


  • webフォントがIE11で表示されない場合の対処法

    FontAwesomeなどのwebフォントがなぜかIE11のみ表示されないことがありました。直接の詳しい原因はわかりませんが、htaccessで以下のように記載してキャッシュコントロールしているとうま...