zukucode
主にWEB関連の情報を技術メモとして発信しています。

Linux Mintで範囲を指定してスクリーンショットを撮る方法

Linux Mintでショートカットキーで範囲を指定してスクリーンショットを撮る方法を紹介します。

動作確認したバージョンはLinux Mint 19.3、デスクトップ環境はMateです。

Shift+PrintScreenで範囲を指定してスクリーンショットを撮るように紹介しているサイトが多いですが、Linux Mint mate 19.3ではこのショートカットが効きませんでした。

コマンドから実行

ショートカットを設定する前に、コマンドから範囲を指定してスクリーンショットを撮る処理を実行してみます。

以下のコマンドを実行すると、範囲を指定する処理が実行されることが確認できます。

gnome-screenshot --areaを実行しているサイトが多かったですが、自分の環境ではmate-screenshot -aでした。

$ mate-screenshot -a

ショートカットを設定

毎回コマンドでmate-screenshot -aを実行するのは手間なので、ショートカットキーを設定します。

Shift+PrintScreenを割り当てました。

ショートカットキーを割り当て

スクリーンショットのコマンドに少し工夫が必要です。

単純にmate-screenshot -aとしてもなぜかうまく動作しませんでしたので、以下のように設定します。1

スクリーンショットのコマンド
bash -c "sleep 0.1 && mate-screenshot -a"

スクリーンショットのコマンド

上記のように設定すると、Shift+PrintScreenで範囲を指定してスクリーンショットを取得する処理を実行できます。



関連記事