zukucode
主にWEB関連の情報を技術メモとして発信しています。

PHP If,else,elseif文の基本的な使い方

PHPif文の基本的な使い方を紹介します。

JavaScriptでのif文の使用方法をJavaScript If,else,else if文の基本的な使い方で紹介しましたが、他の言語でのif文とは文法が少し変わるくらいで考え方はほぼ同じです。

PHPでのif文は以下のように、ある条件の場合だけ実行したい部分を{ }で囲い、if ()で条件を記載します。

$a  = 1;
if ($a == 1) {
  // aが1の場合のみ実行される
  echo 'aは1です';
}
if ($a == 2) {
  // aが2の場合のみ実行される
  echo 'aは2です';
}

// 実行結果
// aは1です

if (条件式)としたとき、条件式の結果が真(true)の場合のみ、if文の中の条件が実行されます。

AndOr条件を含めたいろいろな使い方ができます。

phpではAnd&&Or||で記載します。

$a  = 1;
if ($a == 1 || $a == 2) {
  // aが1または2の場合のみ実行される
  echo 'aは1または2です';
}
if ($a >= 0 && $a <= 10) {
  // aが0以上、10以下の場合のみ実行される
  echo 'aは0以上10以下です';
}

else文

条件を満たした場合だけでなく、満たさなかった場合に処理を行いたいときはelse文を使用します。

$a = 2;
if ($a == 1) {
  // aが1の場合のみ実行される
  echo 'aは1です';
} else {
  // aが1以外の場合のみ実行される
  echo 'aは1ではありません';
}

// 実行結果
// aは1ではありません

満たさなかった場合のみ処理を行いたい場合は、if文の条件を工夫すればelse文を使わずに行えます。

$a = 2;
if ($a != 1) {
  // aが1以外の場合のみ実行される
  echo 'aは1ではありません';
}

// 実行結果
// aは1ではありません

elseif文

例えば$a1の場合、2の場合、といったように、処理を複数分けたいときはelseifを使用します。

else ifのようにelseifの間にスペースを入れる言語もありますが、PHPはスペースを入れずにelseifと記載します。

$a = 2;
if ($a == 1) {
  // aが1の場合のみ実行される
  echo 'aは1です';
} elseif ($a == 2) {
  // aが2の場合のみ実行される
  echo 'aは2です';
} elseif ($a == 3) {
  // aが3の場合のみ実行される
  echo 'aは3です';
} else {
  // aが1,2,3以外の場合のみ実行される
  echo 'aは1,2,3ではありません';
}

// 実行結果
// aは2です

elseifは複数指定できますが、条件を満たした時点で、以降のelseifは実行されません。

例えば、以下は最初のif ($a < 10)の部分を満たしているため、続くelseif ($a < 20)は実行されません。

$a = 2;
if ($a < 10) {
  echo 'aは10未満です';
} elseif ($a < 20) {
  // 実行されない
  echo 'aは20未満です';
} elseif ($a < 30) {
  // 実行されない
  echo 'aは30未満です';
}

// 実行結果
// aは10未満です

else ifを何個も書くような場合は可読性を上げるため、代わりにswitch文を使用することが多いです。

switchの基本的な使い方についてはPHP switch文の基本的な使い方と注意点で紹介します。


関連記事

  • PHP switch文の基本的な使い方と注意点

    PHPのswitch文の基本的な使い方を紹介します。PHP If,else,elseif文の基本的な使い方でif文の基本的な使い方について説明しましたが、elseifの数が増えてくると、可読性や保守性...


  • PHP インストールされているモジュールの一覧を表示する

    PHPでインストールされているモジュールを一覧表示する方法を紹介します。ターミナルやコマンドプロンプトで以下のコマンドを実行します。コマンドを実行するとインストールされているモジュールの一覧が表示され...


  • PHP for文の基本的な使い方

    PHPのfor文で指定した回数だけループで同じ処理を行う方法を紹介します。ループする回数が固定の場合は以下のように指定します。以下のように指定した場合はfor文で囲った処理を5回ループして実行します。...


  • LinuxでPHPのcurlをインストール・有効化する方法

    composerなどでcurlを使用するパッケージをインストールするとき、curlがインストールされていないと以下のエラーが発生することがあります。対処法として、以下のコマンドでcurlをインストール...


  • Composerでパッケージのインストール時にエラーになったときの対処法

    Composerでパッケージをインストールするときに以下のようなエラーになってしまうことがあります。XXXの部分はインストールするパッケージで必要だが、自身の環境にインストールされていないパッケージで...


  • PHP 配列をfor文で要素数の数だけループする

    PHPの配列をfor文で要素数の数だけループする方法を紹介します。for文の基本的な使い方についてはPHP for文の基本的な使い方で紹介しています。また、配列の要素にアクセスする方法はPHP 配列を...


  • PHP 連想配列をループしてkeyとvalueを列挙する

    PHPの連想配列をループしてkeyとvalueを列挙する方法を紹介します。連想配列とはkeyとvalueを持つ配列です。以下のように、foreachのasに$key = $valueの形式で指定すると...


  • PHP 配列や連想配列の長さ(要素数)を取得する

    PHPで配列や連想配列の長さ(要素数)を取得する方法を紹介します。配列や連想配列の長さを取得するにはcountを使用します。連想配列については長さというよりも要素数を取得するといったほうがわかりやすい...


  • PHP 配列の先頭や末尾に要素を追加する

    PHPの配列の先頭や末尾に要素を追加する方法を紹介します。PHPで配列の末尾に要素を追加するにはarray_pushを使用します。以下のように、array_push(配列, 追加する要素)の形式で指定...


  • PHP 配列を宣言して要素にアクセスする

    PHPで配列を宣言します。PHPでは配列は[]もしくはarray()で表します。[1, 2]やarray(1, 2)のように初期値を設定した状態で配列を宣言することができます。アクセスする時は$arr...