zukucode
主にWEB関連の情報を技術メモとして発信しています。

JavaScript for文の基本的な使い方

JavaScriptfor文で指定した回数だけループで同じ処理を行う方法を紹介します。

ループする回数が固定の場合は以下のように指定します。

以下のように指定した場合はfor文で囲った処理を5回ループして実行します。

for (var i = 0; i < 5; i++) {
  console.log(i);
}

/*出力結果
0
1
2
3
4
*/

for(変数宣言; 条件式; 更新処理)の形式で指定します。

変数宣言

ループ処理で使用する変数を宣言します。

上記の例ではvar i = 0を宣言していますので、ループ処理で変数iの値を使用できます。

各ループ処理でX回目に応じた処理を行いたいということが多いので、i1または0とすることが一般的です。

変数名はi以外の値でも問題ありませんが、慣例的にiを使用することが多いです。

条件式

この条件式がtrueの間だけループ処理が行われます。

上記の例ではi < 5と指定してるので、i5より小さい場合にだけループ処理が行われます。

更新処理

ループ処理が1回行われるごとにここで指定した更新処理が行われます。

上記の例ではi++と指定しているので、ループ処理が1回行われるごとに変数iの値が1足されていきます。

処理の流れ

以下のイメージでfor文は実行されます。

false
true
変数宣言
条件式
終了
ループ処理
更新処理


関連記事