zukucode
主にWEB関連の情報を技術メモとして発信しています。

webpack-dev-serverでhttpsでのアクセスを可能にする方法

webpack-dev-serverhttpsでのアクセスを可能にする方法を紹介します。

外部APIのテストや、メディアデバイスのテストなどで、開発中のlocalhosthttpsにする必要があるときなどに設定します。

以下のように、webpack-dev-serverを起動するスクリプトに--httpsのオプションを追加するだけでhttpsでのアクセスが可能となります。

"scripts": {
    "dev": "webpack-dev-server --watch --hot --https",
    "dev": "webpack-dev-server --watch --hot",
},

以下のように画面とURLに警告が表示されます。

httpsの警告

自分の開発環境ですので、無視しても問題ないとは思いますが、気になる場合は証明書の設定を行う必要があります。

設定方法やオプションは以下の公式サイトを参照ください。

公式サイト


関連記事

  • webpack postcssを導入する

    webpackでpostcssを導入してautoprefixerなどを行います。postcss-loaderはwebpackでpostcssを行うために必要です。postcssの設定ファイルを作成しま...


  • webpack lessをImportしてビルドする

    htmlやbodyなどに適用するベースのクラスを外部のlessファイルに実装して、スタイルをサイト全体に適用したい場合があります。外部のlessファイルをモジュールとしてImportしてwebpack...


  • ExtractTextPluginでcssファイルを出力する

    webpackのプラグインExtractTextPluginを使って、ビルドされたjsファイルからstyleの部分を抽出してcssファイルで出力します。extract-text-webpack-plu...


  • webpackの設定を開発環境と本番環境で変更する

    webpack.config.jsで本番環境でのビルドのみコードを圧縮するなどの処理を設定したい場合があります。webpackの設定を開発環境と本番環境で変更する方法を紹介します。cross-envと...


  • webpack-dev-serverで開発サーバーを起動する

    webpack-dev-serverで開発サーバーを起動します。vueファイル(単一ファイルコンポーネント)をwebpackでビルドページで紹介したwebpack.config.jsにdevServe...


  • webpack モジュールのパスを絶対パスで指定する方法

    自分で作成したモジュールをインポートするときはインポートするファイルを基準に相対パスで指定する必要があります。フォルダ構成によっては深く階層を辿らないといけないので、フォルダ構成が変わってしまうと大変...


  • Vue.js lessで外部のlessファイルをImportする

    メインカラーなどの共通情報は外部のlessファイルに記載し、各vueファイルではそのlessファイルをImportして実装するのが効率的です。.vueファイル内のlessで外部のlessファイルをIm...


  • Vue.js webpackでHot Module Replacementを行う

    開発を効率化するために、Hot Module Replacement(HMR)の設定を行います。Hot Module Replacementを設定しておけば、ブラウザの再読込は行わず、修正した箇所のみ...


  • vue-router webpackでページごとにファイルを分割する

    vue-routerでシングルアプリケーションを作成していると、ページ数が増えるにしたがって作成されるjsファイルのファイルサイズもどんどん増えていきます。ページごとにファイルを分割し、そのページがア...


  • Vue.js lessを使いwebpackでビルドする

    .vueファイル(単一ファイルコンポーネント)のstyleをcssではなくlessで実装して、webpackでビルドをします。vue-loaderのオプションにlessのloaderを追加します。