zukucode
主にWEB関連の情報を技術メモとして発信しています。

Oracle LISTAGG関数の注意点とエラー時の対処法

LISTAGG関数を使用する際の注意点とよくあるエラーの対処法を紹介します。

複数行の値をグループ化してカンマ区切りで取得したい時などにLISTAGG関数を使用することがあります。

col1
val1
val2
val3
SELECT
    LISTAGG(col1, ',') WITHIN GROUP (ORDER BY col1) result
FROM
    table1
結果
result
val1,val2,val3

注意点

LISTAGG関数は以下の点に注意が必要です。

11gR2から使用可能

LISTAGG関数はOracleのバージョンが11gR2から使用可能です。

10g11gR1では動作しません。特に11gR1R2のマイナーバージョンの違いで使用可能かどうかが変わってきてしまうので、注意が必要です。

連結した文字列が4000バイトを超えるとエラーになる

Oracleで扱える文字列は4000バイトのため、連結した文字列が4000バイトを超える場合は以下のエラーが発生します。

ORA-01489: 文字列を連結した結果、長さが最大長を超えました
ORA-01489: result of string concatenation is too long

対処法

LISTAGG関数の代わりにXMLAGG関数を使用すれば上記の問題点を解決できます。

SELECT
    RTRIM(XMLAGG(XMLELEMENT(e, col1 || ',').EXTRACT('//text()')).GetClobVal(), ',') result
FROM
    table1
結果
result
val1,val2,val3

XMLAGG11gR2以外のバージョンでも使用できます。

GetClobValで連結した文字列を明示的にCLOB型に変換することにより、4000バイト以上の文字列を扱うことができるようになります。


関連記事

  • Oracle 文字列を指定した範囲の長さに切り取る

    Oracleで文字列を指定した範囲の長さで切り取る方法を紹介します。文字数で切り取るにはSUBSTRを使用します。開始位置は先頭の位置を0または1で指定します。(0と1のどちらを指定しても先頭からの指...


  • SQL GROUP BYで複数の行を集計して1行で取得する

    GROUP BY 列名で集約したい列を指定します。上記例の場合は部署ごとに集約したいのでdepartment_idを指定しています。GROUP BYで指定した列以外の列をSELECT句で取得したい場合...


  • SQL FROM句で複数のテーブルを結合するポイント

    FROM句では取得したいテーブルのテーブル名を指定します。複数のテーブルを結合する場合はまず結合したいテーブルをJOINのあとに指定します。そしてONのあとに結合条件を指定します。結合条件を指定せずに...


  • SQL DISTINCTで重複行を1行のみ表示する方法

    SELECTのあとにDISTINCTをつけると、同一のレコードを1行のみ取得するようになります。上記例ではid=1と4のレコードの取得結果は同じになるので、本来は2行出力されるはずのレコードが、DIS...


  • SQL FROM句での副問合わせの基本的な考え方と注意点

    FROM句で副問合わせを行うと、SELECTした結果を1つのテーブルとして、他のテーブルと結合できます。SELECTした結果をVIEWとして予め定義しておくことができますが、FROM句で副問合わせでは...


  • PostgreSQL タイムスタンプ型のカラムをミリ秒まで取得する

    タイムスタンプ型(timestamp without time zone)のカラムをミリ秒まで含めて取得してVB.NETなどで扱いたい場合、普通にSELECTするだけではうまく行かない場合があります。...


  • PostgreSQL 日付の加算・減算を行う

    PostgreSQLで日付の加算・減算を行う方法を紹介します。日付型のカラムに対しては、数字の計算と同じ要領で行うことができます。YYYYMMDD形式などの文字列型のカラムの場合は、日付型に変換してか...


  • PostgreSQL ISNULLやNVLのようにNULLを判定する方法

    PostgreSQLでSQL ServerのISNULLやOracleのNVLのように、NULLの場合に別の値を取得するにはCOALESCEを使用します。使い方はISNULLやNVLと同じように、第一...


  • PL/SQL 変数を宣言して値を設定する

    PL/SQLで変数を宣言して値を設定する方法を紹介します。ASとBEGINの間で変数を宣言します。宣言と同時に値をセット(初期化)も可能です。変数への代入は=ではなく:=で行います。


  • PL/SQL TRUNCATE TABLEをストアドプロシージャに定義する

    PL/SQLでTRUNCATE処理をストアドプロシージャに定義する方法を紹介します。そのまま定義すると「記号TABLEが見つかりました。」のコンパイルエラーになってしまうので、動的SQLで定義します。