zukucode
主にWEB関連の情報を技術メモとして発信しています。

VB.NET 指定したフォルダを削除する

VB.NETで指定したフォルダを削除するにはDirectory.Deleteを使用します。

例えば以下のフォルダとファイルがあるとします。

  • C:
    • work1
      • テキスト1.txt
      • テキスト2.txt
    • work2
    • work3
      • テキスト3.txt
      • テキスト4.txt

work2を削除するには以下のようにします。

Directory.Delete("C:\work2")

Directory.Delete(削除するフォルダパス)でフォルダを削除します。

フォルダの中身が空でない場合

work1work3のように、フォルダ内にファイルやフォルダが存在するフォルダを削除しようとすると以下のエラーが発生します。

エラー
System.IO.IOException ディレクトリが空ではありません。

フォルダ内にファイルやフォルダが存在していても中身も含めてフォルダを削除したい場合は第2引数にTrueを設定します。

Directory.Delete("C:\work1", True)

Directory.Deleteの名前空間はSystem.IOなので、コンパイルエラーになってしまう場合はvbファイルの先頭にImports System.IOを追加するか、Directory.Deleteの代わりにSystem.IO.Directory.Deleteとしてください。

フォルダではなくファイルを削除する方法はVB.NET 指定したファイルを削除するで紹介しています。


関連記事