zukucode
主にWEB関連の情報を技術メモとして発信しています。

VB.NET ダブルクォーテーションを文字列として扱う方法

VB.NETで文字列を扱うときは以下のようにダブルクォーテーションで囲います。

Dim str As String = "abcde"

ab"c"deのように、文字列の中にダブルクォーテーションを含めたい場合は少し工夫が必要です。

以下の2つの方法をよく見かけます。

ダブルクォーテーションを2つにする

以下のようにダブルクォーテーションを2つにすれば1つのダブルクォーテーションとして扱われます。

文字列として扱いたいダブルクォーテーションの前にダブルクォーテーションをつけて、エスケープするイメージです。

Dim str As String = "ab""c""de"

文字コードで指定する

文字列として扱いたいダブルクォーテーションを文字コードで指定する方法もあります。

ダブルクォーテーション(")はChr(34)で取得できます。

Dim str As String = "ab" & Chr(34) & "c" & Chr(34) & "de"

文字列補完

VB.NET 文字列を連結する便利な方法まとめで紹介したように、Visual Studio 2015からは文字列補完を使うことができるので、文字コードを文字列連結する記述方法を以下のようにシンプルにできます。

Dim str As String = $"ab{Chr(34)}c{Chr(34)}de"

関連記事