zukucode
主にWEB関連の情報を技術メモとして発信しています。

VB.NET For文で指定した回数だけループで同じ処理を行う

VB.NETFor文で指定した回数だけループで同じ処理を行う方法を紹介します。

回数が固定の場合

ループする回数が固定の場合は以下のように指定します。

以下のように指定した場合はFor文で囲った処理を5回ループして実行します。

For i As Integer = 1 To 5
  Console.WriteLine(i)
Next

'出力結果
'1
'2
'3
'4
'5

For from To toのようにfromtoに数値を指定して、fromの値が1回処理を行うごとに加算されていきます。

1 To 5の部分は10 To 15などと指定しても5回ループすることは変わらないのですが、各ループ処理でX回目に応じた処理を行いたいということが多いので、from1または0とすることが一般的です。

配列の要素数だけループする

配列の要素の数だけループしたい場合は以下のようにfrom0to配列の要素数-1とします。

Dim weeks As String() = {"日", "月", "火", "水", "木", "金", "土"}
For i As Integer = 0 To weeks.Length - 1
  Console.WriteLine(weeks[i])
Next

'出力結果
'日
'月
'火
'水
'木
'金
'土

from1から始めれば、to配列の要素数となり、ループの回数の指定はわかりやすくなりますが、配列のインデックスは1ではなく0から始まります。

from1から始めてしまうと配列へのアクセスがfrom-1となってしまい、ループ内の処理が複雑になってしまいます。

なので、配列にアクセスするときのFor文ではfromは基本的には0を指定します。

ForEachでループする

上記の配列のループのように、For文ではループの数値と配列のインデックスの数値で処理が複雑になってしまいがちです。

ForEachを使用すればループのインデックスを気にすることなく、配列の要素をループさせることができます。

Dim weeks As String() = {"日", "月", "火", "水", "木", "金", "土"}
ForEach week As String In weeks
  Console.WriteLine(week)
Next

'出力結果
'日
'月
'火
'水
'木
'金
'土

In 配列で、ループさせたい配列を指定し、配列の要素が1回のループ毎に変数名 As 型にセットされます。

上記例ではString型の配列なので配列の要素1つ1つはString型になるので、変数名 As Stringとしています。

セットされた変数名をループ処理内で使用できます。

ForEachを使用したほうが、配列の要素をループで列挙するということが直感的に伝わりやすいので、積極的に使用していくことをおすすめします。



関連記事

  • VB.NET YYYYMMDD形式の文字列を日付型に型変換する

    VB.NETでYYYYMMDD形式の文字列を日付型に型変換する方法を紹介します。最初にYYYY/MM/DDのように、年月日の区切りに/を追加します。/区切りの文字列にするとCDateで日付型に型変換で...


  • VB.NET YYYYMMDD書式の文字列が日付かどうか判定する

    VB.NETで、YYYYMMDD書式の文字列が日付として妥当かどうかを判定します。以下のように、Date.TryParseExactを使用して、日付型の文字列に変換可能かどうかで判定しています。Dat...


  • VB.NET 文字列の全角と半角の変換を行う

    VB.NETで文字列を全角→半角や半角→全角に変換するにはStrConv関数を使用します。StrConvの第1引数に対象文字列を指定し、第2引数に変換方法を指定します。


  • VB.NET TypeOfで変数の型判定・比較を行う

    VB.NETで変数の型をチェックするにはTypeOfを使用します。TypeOf チェックしたい変数名 Is 判定したい型の形式で指定します。


  • VB.NET StringBuilderの末尾の1文字を削除する

    StringBuilderで末尾の1文字だけ削除したいときは以下のようにします。位置の指定について、1文字目は0から始まるため、文字列の長さ(Length)-1の位置が末尾の位置となります。末尾の位置...


  • VB.NET 指定した文字列を削除する

    VB.NETで指定した文字列を削除する方法を紹介します。Replace関数は指定した文字列を別の文字列に置換する関数です。置換する文字列に空文字を指定すれば、指定した文字列が削除される形になります。J...


  • VB.NET 指定した桁数だけ同じ文字を文字列で定義する

    VB.NETで指定した桁数だけ同じ文字を文字列で定義する方法を紹介します。例えばオール9の10桁の文字列9999999999を定義するときに、9999999999を指定するのは、桁数を間違える危険があ...


  • VB.NET ダブルクォーテーションを文字列として扱う方法

    VB.NETで文字列を扱うときは以下のようにダブルクォーテーションで囲います。文字列の中にダブルクォーテーションを含めたい場合は少し工夫が必要です。以下のようにダブルクォーテーションを2つにすれば1つ...


  • VB.NET 文字列を数値に変換する方法

    VB.NETでString型の文字列を数値に変換する方法を紹介します。以下の例では、Integer型の数値に変換しています。文字列型の変数を数値型に変換する場合には以下に注意する必要があります。例えば...


  • VB.NET 文字列を連結する便利な方法まとめ

    VB.NETでは文字列の連結は文字列同士を&で結合できます。Visual Studio 2015からの新機能として文字列補間が可能になりました。以下のように、文字列の前に$をつけることにより、文字列の...