zukucode
主にWEB関連の情報を技術メモとして発信しています。

SQL SELECT句での副問合せの基本的な考え方と注意点

SELECT句での副問合せをうまく利用すれば、集計単位の異なる値を同時に取得できます。

以下のようなテーブルがあるとします。

employee(社員)
idfirst_namelast_namedepartment_idheight
1一郎山田1170
2次郎佐藤2175
3三郎田中1185
4四郎鈴木2155

SQL GROUP BYで複数の行を集計して1行で取得するで紹介したように、 部署(department_id)ごと の平均身長、最大身長を取得したいときは以下のようなSQLになります。

SELECT
  department_id,
  AVG(height) AS avg_height,
  MAX(height) AS max_height
FROM
  employee
GROUP BY
  department_id
取得結果
department_idavg_heightmax_height
1177.5185
2165175

特定の列のみ集計行にする

上記のSQLではGROUP BYで行を集約して取得するので、部署ごとの行となります。

ここで社員毎の行のまま各社員が所属する部署の平均身長、最大身長を取得したいときにSELECT句での副問合せを使用します。

SQL PARTITION BYの基本と効率的に集計する便利な方法で紹介したように、分析関数を使用すればもっとシンプルに取得できますが、説明の都合であえて以下の方法で取得します。

SELECT
  T1.id,
  T1.first_name,
  T1.last_name,
  T1.department_id,
  (
    SELECT
      AVG(SUB1.height)
    FROM
      employee SUB1
    WHERE
      T1.department_id = SUB1.department_id
  ) AS avg_height,
  (
    SELECT
      MAX(SUB1.height)
    FROM
      employee SUB1
    WHERE
      T1.department_id = SUB1.department_id
  ) AS max_height
FROM
  employee T1
取得結果
idfirst_namelast_namedepartment_idavg_heightmax_height
1一郎山田1177.5185
2次郎佐藤2165175
3三郎田中1177.5185
4四郎鈴木2165175

SQL FROM句での副問合わせの基本的な考え方と注意点で紹介したように、FROM句での副問合せはインラインビューと呼ぶのに対して、SELECT句やWHERE句での副問合せをサブクエリと呼びます。

注意点

メインのSQLの値が使用可能

上記SQLのように、サブクエリのWHERE句でメインのSQLの値(T1.department_id)を使用しています。

これにより、取得した結果に対してもう一度SQLを実行するようなイメージで値を取得できます。

上記SQLでは社員一覧を取得→所属する部署の平均身長、最大身長を取得という2つのSQLをサブクエリを使用して1回のSQLで取得しています。

取得結果が1行のみとなる必要がある

上記SQLでは集計関数を使用しているため取得結果が複数件になることはありませんが、取得結果は必ず1行になる必要があります。

SELECT
  T1.COL1,
  (
    --サブクエリの取得結果は必ず1行となること
    SELECT
      SUB1.COL1
    FROM
      B SUB1
    WHERE
      T1.COL2 = SUB1.COL2
  )
FROM
  A T1

取得結果が1行になるかどうかは実際にSQLを実行してみなければわかりません。

開発時のテストデータではたまたま1行で取得できていたためエラーにならなかったが、本番環境で実行するとエラーになってしまうということがないように、1件のみ返すことが保証できるSQLにする必要があります。

(0件の場合でもエラーにはなりません。0件の場合はNULLとして扱われます。)

1つの列のみ指定可能

平均身長と最大身長を同時に取得しようと以下のSQLを実行してもエラーになってしまいます。

SELECT
  T1.id,
  T1.first_name,
  T1.last_name,
  T1.department_id,
  (
    SELECT
      AVG(SUB1.height),
      MAX(SUB1.height)
    FROM
      employee SUB1
    WHERE
      T1.department_id = SUB1.department_id
  )
FROM
  employee T1

SELECT句での副問合せは1つの列のみ指定する必要があります。

レスポンスに注意

SELECT句での副問合せは1つの列しか指定できないため、副問合せの数が増えてしまいがちです。

同じような条件のSQLWITH句でまとめるとパフォーマンスが改善することが多いです。

WITH句の基本的な使い方についてはSQL WITH句で同じSQLを1つのSQLに共通化するで紹介しています。


関連記事

  • Oracle 文字列の中で指定した文字を削除する

    Oracleで文字列の中で指定した文字を削除する方法を紹介します。REPLACEを使用して削除したい文字をNULL(空文字)に置き換えることで削除します。Oracleは空文字をNULLとして扱うので、...


  • SQL GROUP BYで複数の行を集計して1行で取得する

    GROUP BY 列名で集約したい列を指定します。上記例の場合は部署ごとに集約したいのでdepartment_idを指定しています。GROUP BYで指定した列以外の列をSELECT句で取得したい場合...


  • SQL FROM句で複数のテーブルを結合するポイント

    FROM句では取得したいテーブルのテーブル名を指定します。複数のテーブルを結合する場合はまず結合したいテーブルをJOINのあとに指定します。そしてONのあとに結合条件を指定します。結合条件を指定せずに...


  • SQL DISTINCTで重複行を1行のみ表示する方法

    SELECTのあとにDISTINCTをつけると、同一のレコードを1行のみ取得するようになります。上記例ではid=1と4のレコードの取得結果は同じになるので、本来は2行出力されるはずのレコードが、DIS...


  • PostgreSQL 現在のシステム日付・時刻を取得する

    OracleのSYSDATEのように、PostgreSQLで現在のシステム日付や時刻を取得する方法を紹介します。YYYY/MM/DDやYYYY-MM-DDのように、date型を取得するにはCURREN...


  • SQL FROM句での副問合わせの基本的な考え方と注意点

    FROM句で副問合わせを行うと、SELECTした結果を1つのテーブルとして、他のテーブルと結合できます。SELECTした結果をVIEWとして予め定義しておくことができますが、FROM句で副問合わせでは...


  • PostgreSQL 日付の加算・減算を行う

    PostgreSQLで日付の加算・減算を行う方法を紹介します。日付型のカラムに対しては、数字の計算と同じ要領で行うことができます。YYYYMMDD形式などの文字列型のカラムの場合は、日付型に変換してか...


  • PostgreSQL ISNULLやNVLのようにNULLを判定する方法

    PostgreSQLでSQL ServerのISNULLやOracleのNVLのように、NULLの場合に別の値を取得するにはCOALESCEを使用します。使い方はISNULLやNVLと同じように、第一...


  • PL/SQL 変数を宣言して値を設定する

    PL/SQLで変数を宣言して値を設定する方法を紹介します。ASとBEGINの間で変数を宣言します。宣言と同時に値をセット(初期化)も可能です。変数への代入は=ではなく:=で行います。


  • PL/SQL TRUNCATE TABLEをストアドプロシージャに定義する

    PL/SQLでTRUNCATE処理をストアドプロシージャに定義する方法を紹介します。そのまま定義すると「記号TABLEが見つかりました。」のコンパイルエラーになってしまうので、動的SQLで定義します。