zukucode
主にWEB関連の情報を技術メモとして発信しています。

JavaScript ブラウザの戻るボタンを無効化する方法

ブラウザの戻るボタン、進むボタンの処理をJavaScriptで無効にする方法を紹介します。

History APIというブラウザの履歴を管理する機能を使用します。

history.pushState(null, null, null);

window.addEventListener("popstate", function () {
  history.pushState(null, null, null);
});

IE9以下の対応

IE9以下はHistory APIがサポートしていません。

戻るボタンを無効にする処理ではないので、完全な対応ではありませんが、以下のような実装をすることが多いです。

history.forward();


関連記事