zukucode
主にWEB関連の情報を技術メモとして発信しています。

ページ制御時の1ページあたりのレコードを取得するSQL文の雛形

ページ制御を使用している画面で、現在ページに表示するデータをSQLで取得する方法を紹介します。

以下のサンプルはOracleの構文で紹介していますが、他のデータベースでも基本的には考え方は同じです。

ページ制御に必要な情報

ページ制御をするには以下の情報が必要になります。

  • 現在ページ
  • 1ページあたりの表示件数
  • データの総件数

このうち「現在ページ」と「1ページあたりの表示件数は」予め定義されていることを前提とします。

データの総件数は実際にSQLでデータを取得してみないとわかりません。

SELECT A.*
FROM (
  SELECT
    A.*,
    -- 行番号を取得
    ROWNUM RNUM,
    -- 総件数を取得
    COUNT(*) OVER () TOTAL_COUNT
  FROM (
    -- この部分のSQLを書き換える
    SELECT
      A.COL1,
      A.COL2,
      A.COL3
    FROM A
    ORDER BY COL1
  ) A
) A
WHERE 1=1
  -- 現在ページに表示する範囲で取得
  AND A.RNUM BETWEEN :R_FROM AND :R_TO
ORDER BY A.RNUM

総件数の取得

実際のデータを取得するSQLと総件数を取得するSQLで2回発行する方法をよく見かけますが、分析関数を使用すれば1回のSQLで取得できます。

分析関数についてはSQL PARTITION BYの基本と効率的に集計する便利な方法で詳しく紹介しています。

取得範囲の設定

BETWEEN :R_FROM AND :R_TOで現在ページに表示する範囲で取得しています。(R_FROMR_TOはパラメータで指定しています。)

1ページあたりの表示件数を50件とすると
1ページ目は1〜50
2ページ目は51〜100
3ページ目は101〜150

取得範囲は「現在ページ」と「1ページあたりの表示件数」を使って以下の計算式で求めることができます。

CurrentPage = 現在のページ番号(1〜)
DispCount = 1ページに表示する件数
とすると
R_FROM = ((CurrentPage - 1) * DispCount) + 1
R_TO = ((CurrentPage - 1) * DispCount) + DispCount

総ページ数の取得

SQLで総件数が取得できたので、総ページ数を計算して取得します。

総ページ数がないと何ページまでページ制御ができるのかがわからなくなってしまいます。

TotalCount = SQLで取得した総件数
DispCount = 1ページに表示する件数
'Math.Ceiling = 切り上げ(VB.NET)
総ページ数 = Math.Ceiling(TotalCount / DispCount)

「総件数」を「1ページに表示する件数」で割った結果を切り上げした結果が総ページ数となります。

ページ制御についてはレスポンスが問題になることがあります。

パフォーマンスについての考え方をSQL ページ制御のパフォーマンスについて考えるで紹介しています。


関連記事

  • Oracle 文字列の中で指定した文字を削除する

    Oracleで文字列の中で指定した文字を削除する方法を紹介します。REPLACEを使用して削除したい文字をNULL(空文字)に置き換えることで削除します。Oracleは空文字をNULLとして扱うので、...


  • SQL GROUP BYで複数の行を集計して1行で取得する

    GROUP BY 列名で集約したい列を指定します。上記例の場合は部署ごとに集約したいのでdepartment_idを指定しています。GROUP BYで指定した列以外の列をSELECT句で取得したい場合...


  • SQL FROM句で複数のテーブルを結合するポイント

    FROM句では取得したいテーブルのテーブル名を指定します。複数のテーブルを結合する場合はまず結合したいテーブルをJOINのあとに指定します。そしてONのあとに結合条件を指定します。結合条件を指定せずに...


  • SQL DISTINCTで重複行を1行のみ表示する方法

    SELECTのあとにDISTINCTをつけると、同一のレコードを1行のみ取得するようになります。上記例ではid=1と4のレコードの取得結果は同じになるので、本来は2行出力されるはずのレコードが、DIS...


  • PostgreSQL 現在のシステム日付・時刻を取得する

    OracleのSYSDATEのように、PostgreSQLで現在のシステム日付や時刻を取得する方法を紹介します。YYYY/MM/DDやYYYY-MM-DDのように、date型を取得するにはCURREN...


  • SQL FROM句での副問合わせの基本的な考え方と注意点

    FROM句で副問合わせを行うと、SELECTした結果を1つのテーブルとして、他のテーブルと結合できます。SELECTした結果をVIEWとして予め定義しておくことができますが、FROM句で副問合わせでは...


  • PostgreSQL 日付の加算・減算を行う

    PostgreSQLで日付の加算・減算を行う方法を紹介します。日付型のカラムに対しては、数字の計算と同じ要領で行うことができます。YYYYMMDD形式などの文字列型のカラムの場合は、日付型に変換してか...


  • PostgreSQL ISNULLやNVLのようにNULLを判定する方法

    PostgreSQLでSQL ServerのISNULLやOracleのNVLのように、NULLの場合に別の値を取得するにはCOALESCEを使用します。使い方はISNULLやNVLと同じように、第一...


  • PL/SQL 変数を宣言して値を設定する

    PL/SQLで変数を宣言して値を設定する方法を紹介します。ASとBEGINの間で変数を宣言します。宣言と同時に値をセット(初期化)も可能です。変数への代入は=ではなく:=で行います。


  • PL/SQL TRUNCATE TABLEをストアドプロシージャに定義する

    PL/SQLでTRUNCATE処理をストアドプロシージャに定義する方法を紹介します。そのまま定義すると「記号TABLEが見つかりました。」のコンパイルエラーになってしまうので、動的SQLで定義します。