zukucode
主にWEB関連の情報を技術メモとして発信しています。

SQL JOINの結合条件とWHEREの条件の違いと使い分け

SQLJOINの結合条件とWHERE句での条件の違いを整理します。

例えば以下のようなテーブルがあるとします。

employee(社員)
idfirst_namelast_namedepartment_id
1一郎山田1
2次郎佐藤2
3三郎田中1
department(部署)
iddepartment_namedelflg
1営業部0
2人事部1

department.delflg = 0の社員のみ取得したい場合、以下のようなSQLになります。

JOINの結合条件
SELECT
  T1.first_name,
  T1.last_name,
  T2.department_name
FROM
  employee AS T1
  JOIN department AS T2
    ON T1.department_id = T2.id
    AND T2.delflg = 0
WHEREの条件
SELECT
  T1.first_name,
  T1.last_name,
  T2.department_name
FROM
  employee AS T1
  JOIN department AS T2
    ON T1.department_id = T2.id
WHERE
  T2.delflg = 0
取得結果
first_namelast_namedepartment_name
一郎山田営業部
三郎田中営業部

絞り込みという観点で見ればJOINではなくWHEREで条件を指定したほうがSQL文の意図は伝わりやすいとは思いますが、T2.delflg = 1の条件はJOINでもWHEREでも結果は同じになります。

外部結合の場合の注意点

上記SQLは内部結合(JOIN,INNER JOIN)なので結果が変わらないのですが、外部結合(LEFT JOIN,LEFT OUTER JOIN)の場合は結果が異なるので注意が必要です。

LEFT JOINの結合条件
SELECT
  T1.first_name,
  T1.last_name,
  T2.department_name
FROM
  employee AS T1
  LEFT JOIN department AS T2
    ON T1.department_id = T2.id
    AND T2.delflg = 0
取得結果
first_namelast_namedepartment_name
一郎山田営業部
次郎佐藤null
三郎田中営業部
WHEREの条件
SELECT
  T1.first_name,
  T1.last_name,
  T2.department_name
FROM
  employee AS T1
  LEFT JOIN department AS T2
    ON T1.department_id = T2.id
WHERE
  T2.delflg = 0
取得結果
first_namelast_namedepartment_name
一郎山田営業部
三郎田中営業部

LEFT JOINは結合先のテーブルに結合条件を満たすデータが存在しない場合でも結合元のデータは取得されます。

そのため、LEFT JOINの結合条件で指定した場合は結合元のemployeeのデータがすべて取得されることになります。

department.delflg = 0の社員のみ取得したい場合は結合条件ではなくWHERE句の条件で絞り込む必要があります。

内部結合と外部結合の使い分け

LEFT JOINで結合した時、結合条件を満たすデータが存在しなかった場合は、結合先のデータはすべてnullになります。

上記例②のようにWHERE句でLEFT JOINの結合先のテーブルの値をnull以外の条件で絞り込むのは、内部結合で結合した場合と実質は同じことになります。

一般的に外部結合よりも内部結合のほうがパフォーマンスは優れているので、②ような場合は内部結合を使うべきです。

結合条件と絞り込み条件の使い分け

上記を踏まえて、結合先のテーブルに紐付かないデータでも結合元のデータはすべて出力したいという場合は外部結合の結合条件で条件を指定することになります。

結合先のテーブルに紐付かないデータを出力したくない場合は、内部結合の結合条件もしくはWHEREの条件で指定します。


関連記事

  • Oracle 文字列の中で指定した文字を削除する

    Oracleで文字列の中で指定した文字を削除する方法を紹介します。REPLACEを使用して削除したい文字をNULL(空文字)に置き換えることで削除します。Oracleは空文字をNULLとして扱うので、...


  • SQL GROUP BYで複数の行を集計して1行で取得する

    GROUP BY 列名で集約したい列を指定します。上記例の場合は部署ごとに集約したいのでdepartment_idを指定しています。GROUP BYで指定した列以外の列をSELECT句で取得したい場合...


  • SQL FROM句で複数のテーブルを結合するポイント

    FROM句では取得したいテーブルのテーブル名を指定します。複数のテーブルを結合する場合はまず結合したいテーブルをJOINのあとに指定します。そしてONのあとに結合条件を指定します。結合条件を指定せずに...


  • SQL DISTINCTで重複行を1行のみ表示する方法

    SELECTのあとにDISTINCTをつけると、同一のレコードを1行のみ取得するようになります。上記例ではid=1と4のレコードの取得結果は同じになるので、本来は2行出力されるはずのレコードが、DIS...


  • PostgreSQL 現在のシステム日付・時刻を取得する

    OracleのSYSDATEのように、PostgreSQLで現在のシステム日付や時刻を取得する方法を紹介します。YYYY/MM/DDやYYYY-MM-DDのように、date型を取得するにはCURREN...


  • SQL FROM句での副問合わせの基本的な考え方と注意点

    FROM句で副問合わせを行うと、SELECTした結果を1つのテーブルとして、他のテーブルと結合できます。SELECTした結果をVIEWとして予め定義しておくことができますが、FROM句で副問合わせでは...


  • PostgreSQL 日付の加算・減算を行う

    PostgreSQLで日付の加算・減算を行う方法を紹介します。日付型のカラムに対しては、数字の計算と同じ要領で行うことができます。YYYYMMDD形式などの文字列型のカラムの場合は、日付型に変換してか...


  • PostgreSQL ISNULLやNVLのようにNULLを判定する方法

    PostgreSQLでSQL ServerのISNULLやOracleのNVLのように、NULLの場合に別の値を取得するにはCOALESCEを使用します。使い方はISNULLやNVLと同じように、第一...


  • PL/SQL 変数を宣言して値を設定する

    PL/SQLで変数を宣言して値を設定する方法を紹介します。ASとBEGINの間で変数を宣言します。宣言と同時に値をセット(初期化)も可能です。変数への代入は=ではなく:=で行います。


  • PL/SQL TRUNCATE TABLEをストアドプロシージャに定義する

    PL/SQLでTRUNCATE処理をストアドプロシージャに定義する方法を紹介します。そのまま定義すると「記号TABLEが見つかりました。」のコンパイルエラーになってしまうので、動的SQLで定義します。