zukucode
主にWEB関連の情報を技術メモとして発信しています。

SQL FROM句で複数のテーブルを結合するポイント

FROM句では取得したいテーブルのテーブル名を指定します。

以下のようなテーブルがあるとします。

departmentは社員が所属する部署の情報を格納しています。

また、employeedepartmentの関係は1対1とします。

employee(社員)
idfirst_namelast_namedepartment_id
1一郎山田1
2次郎佐藤2
3三郎田中1
department(部署)
iddepartment_name
1営業部
2人事部

このとき、社員の一覧と所属部署のデータを取得したい場合、FROM句で以下のように指定します。

SELECT
  employee.first_name,
  employee.last_name,
  department.department_name
FROM
  employee
  JOIN department
    ON employee.department_id = department.id

-- テーブルに別名を指定する場合
SELECT
  T1.first_name,
  T1.last_name,
  T2.department_name
FROM
  employee AS T1
  JOIN department AS T2
    ON T1.department_id = T2.id
取得結果
first_namelast_namedepartment_name
一郎山田営業部
次郎佐藤人事部
三郎田中営業部

テーブルの結合

複数のテーブルを結合する場合はまず結合したいテーブルをJOINのあとに指定します。そしてONのあとに結合条件を指定します。

結合条件とは

結合条件を指定せずにテーブルを2つ指定すると、指定した2つのテーブルの直積の結果が出力されてしまいます。

上記の例だとemployeeにはデータが3件、departmentにはデータが2件あるので3×2で6通りの組み合わせが考えられます。

なので以下のように6件が出力されます。(わかりやすくするためdepartment_idも出力しています)

first_namelast_namedepartment_id(employee)id(department)department_name
一郎山田11営業部
一郎山田12人事部
次郎佐藤21営業部
次郎佐藤22人事部
三郎田中11営業部
三郎田中12人事部

このうち、取得したいデータはdepartment_id(employee)id(department)が同じデータになります。

逆にdepartment_id(employee)id(department)が異なるデータはテーブル間の関連性のない意味のないデータになるので取得する必要がありません。

よって、結合条件でemployee.department_id = department.idと指定します。

結合のポイント

上記の例では結合するテーブル同士が1対1で、なおかつ結合先のデータが必ず存在していることが前提となっています。

そのため、混乱することはないかと思いますが、SQLが複雑になってくると、結合の理解があいまいだと予期せぬ結果になってしまうことがあります。

最初にメインとなるテーブルを決め、結合するテーブルが何対何になるのかと、結合先のデータが必ず存在しているかどうか(idで結合する場合はそのidが結合先のテーブルに必ず存在しているかどうか)を必ず意識して結合していくと混乱せずにスムーズに実装できるかと思います。

例えば上記の例では社員単位(1社員1行)での出力になるはずですが、結合条件を正しく指定していないと、同一社員が2行出力されています。

そのような結果は仕様通りではないので結合条件を見なおす必要があります。



関連記事