zukucode
主にWEB関連の情報を技術メモとして発信しています。

Vue.js 数値の変化をドラムロールアニメーションする

Vue.jsの公式ドキュメントの状態のトランジションで紹介されている数値のドラムロールアニメーションをコンポーネントとして実装します。

公式のサンプルではTween.jsを使用していますが、今回は外部ライブラリを使用せずに作成します。

AnimatedNumber.vue
<template>
  <span>{{ animated_number }}</span>
</template>

<style scoped>
/*必要に応じて追加*/
</style>

<script>
export default {
  props: {
    value: {
      type: Number,
      required: true
    }
  },
  data () {
    return {
      animated_number: 0
    };
  },
  watch: {
    value (newValue, oldValue) {
      let timeCnt = 0;
      let timer;
      const animate = () => {
        timeCnt++;
        if (timeCnt <= 60) {
          this.animated_number = Math.floor((newValue - oldValue) * timeCnt / 60) + oldValue;
          timer = setTimeout(() => {
            animate();
          }, 10);
        } else {
          clearTimeout(timer);
          timer = null;
          this.animated_number = newValue;
        }
      };
      animate();
    }
  },
  mounted () {
    this.animated_number = this.value;
  }
};
</script>
使用方法
<template>
  <div>
    <input v-model.number="num" type="number">
    <AnimatedNumber :value="num"></AnimatedNumber>
  </div>
</template>

<style scoped>
</style>

<script>
import AnimatedNumber from './AnimatedNumber.vue';
export default {
  components: { AnimatedNumber },
  data () {
    return {
      num: 0,
    };
  }
};
</script>

解説

propsで親から渡された値(value)をwatchで監視します。

valueが変更されるたびにwatch処理でanimated_numberを徐々に変化させます。

valueではなくanimated_numbertemplateで表示するようにすれば、徐々に変化する様子(アニメーション)が表示されるようになります。

ドラムロール

Tween.jsを使わずにドラムロール処理を実装しました。

1〜10に変化する時と、1〜1000に変化するときでアニメーションの長さが変わらないように、1ステップあたりの数値の変化量を工夫しています。

watchの処理ではアローファンクションを使っているのでthisのスコープには注意が必要です。


関連記事

  • Vue.js コンポーネントで初期フォーカスを設定する

    Vue.jsで初期フォーカスを設定する方法を紹介します。例えばモーダル画面が表示された時、モーダルのコンポーネントの中のテキストボックスにフォーカスを当てたい場合などがあります。ref属性を指定すると...


  • Vuex mutationでstateの値を変更する

    stateはmutationの処理でしか変更できません。コンポーネントからmutationを実行し、stateの値を更新する方法を紹介します。mutationを作成するにあたって、最初にmutatio...


  • Vue.jsを学習する上で知っておきたいES2015の文法

    Vue.jsは公式ドキュメントを始め、ネット上のほとんどのサンプルがES2015(ES6)の表記で実装されています。Vue.jsで頻繁に使用するであろうES2015の文法を紹介します。objectの中...


  • Vue.js axiosをajaxライブラリとして導入する

    Vue.jsではajaxまわりの処理は用意されておらず、外部のライブラリを各自で自由に用意するようになっています。axiosの設定用にhttp.jsというファイルを作成します。エントリポイントのapp...


  • Vuex actionの処理でaxiosでajaxを行う

    Vuexのactionでaxiosのライブラリを使ったajaxの処理を行います。処理の流れとして、http(axios)でajaxアクセスを行い、成功時はmutationをコールして、storeに取得...


  • Vuex stateを作成して各コンポーネントで参照する

    実際にstoreを作成して、各コンポーネントでその値を参照できるようにします。mutations.jsにstateのオブジェクトを定義します。stateがアプリケーション全体の状態を管理します。


  • Vuexとaxiosを連携する

    ajaxの処理が増えるたびに同じmutationを実行するように処理を入れるのは大変なので、axiosの処理でmutationを実行するようにします。axiosにはinterceptorsという機能が...


  • vue-routerを導入してSPAを作成する

    Vue.jsのプロジェクトにvue-routerを導入してシングルページアプリケーション(spa)を作成します。最初にvue-routerのパッケージをインストールします。router-linkはナビ...


  • vueコンポーネントでvue-routerのページ制御を行う

    vueコンポーネントの処理でvue-routerのページ制御を行う方法を紹介します。vue-routerでページ遷移するときはrouter-linkのコンポーネントを使うことが多いですが、コンポーネン...


  • vue-router webpackでページごとにファイルを分割する

    vue-routerでシングルアプリケーションを作成していると、ページ数が増えるにしたがって作成されるjsファイルのファイルサイズもどんどん増えていきます。ページごとにファイルを分割し、そのページがア...