zukucode
主にWEB関連の情報を技術メモとして発信しています。

JavaScript 0埋めをするテキストボックスを作成する

htmlのテキストボックス(<input type="text">)で値を入力後、指定した文字数に0埋めする処理を実装します。

以下のURLで紹介した処理を組み合わせれば簡単に実装できます。

<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <meta charset="utf-8">
    <title></title>
    <script>
    window.addEventListener('load', function () {
      // テキストボックスにイベントを設定
      document.getElementById('sample').addEventListener('change', function () {
        this.value = this.value.padLeft('0', 5); // 0埋め
      });
    });

    // 0埋めファンクション
    String.prototype.padLeft = function (char, length) {
      if (this.length > length) return this;
      var left = '';
      for (;left.length < length; left += char);
      return (left+this.toString()).slice(-length);
    }
    </script>
  </head>
  <body>
    <input type="text" id="sample" />
  </body>
</html>

続きを表示

関連記事