zukucode
主にWEB関連の情報を技術メモとして発信しています。

webpackの設定を開発環境と本番環境で変更する

webpack.config.jsで本番環境でのビルドのみコードを圧縮するなどの処理を設定したい場合があります。

webpackの設定を開発環境と本番環境で変更する方法を紹介します。

パッケージのインストール

cross-envというパッケージをインストールします。

$ npm install --save-dev cross-env

scriptsの修正

package.jsonscriptscross-envの設定を追加します。

package.json
"scripts": {
  "devbuild": "cross-env NODE_ENV=development webpack",
  "prodbuild": "cross-env NODE_ENV=production webpack"
}

webpack.config.jsの修正

NODE_ENV=XXXと指定するとprocess.env.NODE_ENVの値にXXXが設定されます。

webpack.config.js
if (process.env.NODE_ENV === 'production') {
  // prodbuildコマンドで実行した場合の処理
}

cross-envで設定した値はwebpack.config.jsだけでなくビルド対象のjsファイルでも参照できます。


関連記事