zukucode
主にWEB関連の情報を技術メモとして発信しています。

Vuex mutationでstateの値を変更する

Vuex stateを作成して各コンポーネントで参照するstateを作成して各コンポーネントで参照できるようになりました。

statemutationの処理でしか変更できません。コンポーネントからmutationを実行し、stateの値を更新する方法を紹介します。

mutation-typesの作成

mutationを作成するにあたって、最初にmutation-typesを作成します。

以下のようなファイルを作成します。

mutation-types.js
export const MESSAGE_UPDATE = 'MESSAGE_UPDATE';

変数名と同じ文字列を定義したconstの変数を定義します。

mutationをコールするとき、mutationの指定は文字列で行います。文字列をconstで定義しておけばmutationの宣言やコールを全て定義したconst変数で行えるため、コーディングミスが減り、保守性も上がります。

mutationの作成

mutations.jsファイルにmutationの処理を作成します。store.messageの内容を変更するmutationです。

第一引数はstateとなるため、引数が必要な場合は第2引数に定義します。

mutations.js
import * as types from 'js/store/mutation-types'; //mutation-typesをImportします

export const state = {
  message: 'hello vuex'
};

export const mutations = {
  [types.MESSAGE_UPDATE] (state) {
    state.message = 'hello mutation';
  },
  // 引数が必要な場合は第2引数に定義します
  [types.FOO] (state, payload) {
    state.message = payload.message;
  },
  // このような方法もよく見かけます(機能はFOOと同じです)
  [types.BAR] (state, { message }) {
    state.message = message;
  }
};

[変数名]でファンクション名を変数で定義できます。

コンポーネントからmutationをコール

template

ボタンを配置し、クリックするとmutationをコールするファンクションを実行するようにします。

App.vue
<template>
  <div>
    <div class="message">
      {{ message }}
    </div>
    <input type="button" value="更新" @click="update()">
  </div>
</template>

script

更新ボタンクリックで呼ばれるファンクションupdateを定義します。その中でmutationをコールします。

mapState同じようにmapMutationsmutationを参照できるようになります。スプレッド演算子やmutation-typesによって、コードがかなりシンプルになります。

App.vue
<script>
import { mapState, mapMutations } from 'vuex';
import { MESSAGE_UPDATE } from 'js/store/mutation-types';

export default {
  computed: {
    ...mapState({
      message: 'message'
    })
  },
  methods: {
    ...mapMutations({
      MESSAGE_UPDATE
    }),
    update () {
      this.MESSAGE_UPDATE(); // mutationをコールします
    }
  }
};
</script>

実行

更新ボタンをクリックするとメッセージがhello mutationに変更されます。

ここで注目したいのが、mutationではstateを変更しただけで、再描画の処理を行っていないことです。

Vuexに限らず、Vue.jsではcomputedに定義した値は、変更されると自動的に画面の更新もおこなってくれるので、stateの内容と画面の内容で同期が取れていることになります。

Vuexを導入することにより、Vue.jsの機能の恩恵をさらに受けられます。


続きを表示

関連記事

  • vueコンポーネントでvue-routerのページ制御を行う

    vueコンポーネントの処理でvue-routerのページ制御を行う方法を紹介します。vue-routerでページ遷移するときはrouter-linkのコンポーネントを使うことが多いですが、コンポーネン...


  • vueファイル(単一ファイルコンポーネント)をwebpackでビルド

    vueファイル(単一ファイルコンポーネント)をwebpackでビルドする手順を紹介します。バージョンは、Vue.jsは2.x、webpackは2.xです。わかりやすくするため、空のプロジェクトから出来...


  • Vue.js lessを使いwebpackでビルドする

    .vueファイル(単一ファイルコンポーネント)のstyleをcssではなくlessで実装して、webpackでビルドをします。vue-loaderのオプションにlessのloaderを追加します。


  • vue-routerを導入してSPAを作成する

    Vue.jsのプロジェクトにvue-routerを導入してシングルページアプリケーション(spa)を作成します。最初にvue-routerのパッケージをインストールします。router-linkはナビ...


  • vue-router webpackでページごとにファイルを分割する

    vue-routerでシングルアプリケーションを作成していると、ページ数が増えるにしたがって作成されるjsファイルのファイルサイズもどんどん増えていきます。ページごとにファイルを分割し、そのページがア...


  • Vue.js webpackでHot Module Replacementを行う

    開発を効率化するために、Hot Module Replacement(HMR)の設定を行います。Hot Module Replacementを設定しておけば、ブラウザの再読込は行わず、修正した箇所のみ...


  • Vue.js axiosをajaxライブラリとして導入する

    Vue.jsではajaxまわりの処理は用意されておらず、外部のライブラリを各自で自由に用意するようになっています。axiosの設定用にhttp.jsというファイルを作成します。エントリポイントのapp...


  • Vue.jsを学習する上で知っておきたいES2015の文法

    Vue.jsは公式ドキュメントを始め、ネット上のほとんどのサンプルがES2015(ES6)の表記で実装されています。Vue.jsで頻繁に使用するであろうES2015の文法を紹介します。objectの中...


  • Vue.js 独自のfilterを実装する

    Vue.jsで独自のfilterを実装して、各コンポーネントで使用できるようにします。コンポーネント内で定義することもできますが、今回はグローバルファンクションとして作成して、全てのコンポーネントで使...