zukucode
主にWEB関連の情報を技術メモとして発信しています。

Vuexとaxiosを連携する

Vuex actionでローディングアイコンを表示するで、actionの処理でローディングの表示非表示を制御するmutationを実行するようにしました。

ajaxの処理が増えるたびに同じmutationを実行するように処理を入れるのは大変なので、axiosの処理でmutationを実行するようにします。

axiosにはinterceptorsという機能があり、リクエストのタイミングとレスポンスのタイミングに処理を組み込むことができます。

なので、そこでmutationをコールし、ローディングの表示非表示を切り替えれば、各actionで同じ処理を実装しなくてもよくなります。

axiosの修正

Vue.js axiosをajaxライブラリとして導入するで作成したhttp.jsを修正します。

http.js
import axios from 'axios';
import { SET_LOADING } from 'js/store/mutation-types';

const http = axios;

export default (Vue) => {
export default (Vue, { store }) => {
  http.interceptors.request.use((config) => {
    store.commit(SET_LOADING, true);
    return config;
  }, (error) => {
    // エラー処理
  });

  http.interceptors.response.use((response) => {
    store.commit(SET_LOADING, false);
    return response;
  }, (error) => {
    // エラー処理
  });

  Vue.http = http;
  Object.defineProperties(Vue.prototype, {
    $http: {
      get () {
        return http;
      }
    }
  });
};

エントリポイントの修正

http.jsではmutationをコールするためにstoreを参照していますが、今のままではstoreが参照できないため、エントリポイントのapp.jsを修正します。

webpack モジュールのパスを絶対パスで指定する方法で紹介した方法でImportは絶対パスで指定しています。

app.js
import 'less/app.less';
import Vue from 'vue';
import store from 'js/store';
import http from 'js/http';
import App from 'js/components/App.vue';

Vue.use(http);
Vue.use(http, { store }); //storeを引数に設定する

new Vue({
  el: '#app',
  store,
  render: h => h(App)
});


関連記事