zukucode
主にWEB関連の情報を技術メモとして発信しています。

Vuexとaxiosを連携する

Vuex actionでローディングアイコンを表示するで、actionの処理でローディングの表示非表示を制御するmutationを実行するようにしました。

ajaxの処理が増えるたびに同じmutationを実行するように処理を入れるのは大変なので、axiosの処理でmutationを実行するようにします。

axiosにはinterceptorsという機能があり、リクエストのタイミングとレスポンスのタイミングに処理を組み込むことができます。

なので、そこでmutationをコールし、ローディングの表示非表示を切り替えれば、各actionで同じ処理を実装しなくてもよくなります。

axiosの修正

Vue.js axiosをajaxライブラリとして導入するで作成したhttp.jsを修正します。

http.js
import axios from 'axios';
import { SET_LOADING } from 'js/store/mutation-types';

const http = axios;

export default (Vue) => {
export default (Vue, { store }) => {
  http.interceptors.request.use((config) => {
    store.commit(SET_LOADING, true);
    return config;
  }, (error) => {
    // エラー処理
  });

  http.interceptors.response.use((response) => {
    store.commit(SET_LOADING, false);
    return response;
  }, (error) => {
    // エラー処理
  });

  Vue.http = http;
  Object.defineProperties(Vue.prototype, {
    $http: {
      get () {
        return http;
      }
    }
  });
};

エントリポイントの修正

http.jsではmutationをコールするためにstoreを参照していますが、今のままではstoreが参照できないため、エントリポイントのapp.jsを修正します。

webpack モジュールのパスを絶対パスで指定する方法で紹介した方法でImportは絶対パスで指定しています。

app.js
import 'less/app.less';
import Vue from 'vue';
import store from 'js/store';
import http from 'js/http';
import App from 'js/components/App.vue';

Vue.use(http);
Vue.use(http, { store }); //storeを引数に設定する

new Vue({
  el: '#app',
  store,
  render: h => h(App)
});

続きを表示

関連記事

  • vueコンポーネントでvue-routerのページ制御を行う

    vueコンポーネントの処理でvue-routerのページ制御を行う方法を紹介します。vue-routerでページ遷移するときはrouter-linkのコンポーネントを使うことが多いですが、コンポーネン...


  • vueファイル(単一ファイルコンポーネント)をwebpackでビルド

    vueファイル(単一ファイルコンポーネント)をwebpackでビルドする手順を紹介します。バージョンは、Vue.jsは2.x、webpackは2.xです。わかりやすくするため、空のプロジェクトから出来...


  • Vue.js lessを使いwebpackでビルドする

    .vueファイル(単一ファイルコンポーネント)のstyleをcssではなくlessで実装して、webpackでビルドをします。vue-loaderのオプションにlessのloaderを追加します。


  • vue-routerを導入してSPAを作成する

    Vue.jsのプロジェクトにvue-routerを導入してシングルページアプリケーション(spa)を作成します。最初にvue-routerのパッケージをインストールします。router-linkはナビ...


  • vue-router webpackでページごとにファイルを分割する

    vue-routerでシングルアプリケーションを作成していると、ページ数が増えるにしたがって作成されるjsファイルのファイルサイズもどんどん増えていきます。ページごとにファイルを分割し、そのページがア...


  • Vue.js webpackでHot Module Replacementを行う

    開発を効率化するために、Hot Module Replacement(HMR)の設定を行います。Hot Module Replacementを設定しておけば、ブラウザの再読込は行わず、修正した箇所のみ...


  • Vue.js axiosをajaxライブラリとして導入する

    Vue.jsではajaxまわりの処理は用意されておらず、外部のライブラリを各自で自由に用意するようになっています。axiosの設定用にhttp.jsというファイルを作成します。エントリポイントのapp...


  • Vue.jsを学習する上で知っておきたいES2015の文法

    Vue.jsは公式ドキュメントを始め、ネット上のほとんどのサンプルがES2015(ES6)の表記で実装されています。Vue.jsで頻繁に使用するであろうES2015の文法を紹介します。objectの中...


  • Vue.js 独自のfilterを実装する

    Vue.jsで独自のfilterを実装して、各コンポーネントで使用できるようにします。コンポーネント内で定義することもできますが、今回はグローバルファンクションとして作成して、全てのコンポーネントで使...