zukucode
主にWEB関連の情報を技術メモとして発信しています。

Vue.js 独自のfilterを実装する

Vue.jsで独自のfilterを実装して、各コンポーネントで使用できるようにします。

コンポーネント内で定義することもできますが、今回はグローバルファンクションとして作成して、全てのコンポーネントで使用できるようにします。

開発環境やフォルダ構成はwebpack モジュールのパスを絶対パスで指定する方法で扱ったものと同様とします。

filterの実装

filters.jsのファイルを作成します。ファイル名は自由に変更しても問題ありません。

filters.js
export function filterA (value) {
  return value; // 独自のfilter処理
}
export function filterB (value) {
  return value; // 独自のfilter処理
}
export function filterC (value) {
  return value; // 独自のfilter処理
}

エントリーポイントの修正

エントリーポイントでfilterを読み込みます。

作成したfunctionforEachで1つずつ登録していきます。

webpack モジュールのパスを絶対パスで指定する方法で紹介した方法でImportは絶対パスで指定しています。

app.js
import 'less/app.less';
import Vue from 'vue';
import store from 'js/store';
import http from 'js/http';
import router from 'js/router';
import App from 'js/components/App.vue';
import * as filters from 'js/filters';

Vue.use(http, { store });

Object.keys(filters).forEach(key => {
  Vue.filter(key, filters[key]);
});

new Vue({
  el: '#app',
  router,
  store,
  render: h => h(App)
});

動作確認

以下のようにコンポーネントでfilterが使用できるようになります。

<template>
  {{ foo | filterA }}
</template>


関連記事