zukucode
主にWEB関連の情報を技術メモとして発信しています。

vueコンポーネントでvue-routerのページ制御を行う

vueコンポーネントの処理でvue-routerのページ制御を行う方法を紹介します。

vue-routerでページ遷移するときはrouter-linkのコンポーネントを使うことが多いですが、コンポーネント内で動的にページを切り替えたりページ遷移するまえに独自のチェックなどを行いたい場合があります。

以下のようにthis.$routervue-routerを参照できます。pushで指定したパスにページ遷移ができます。

<template>
  <div>
    <a href="/about" @click.stop.prevent="goAbout">ABOUT</a>
  </div>
</template>

<script>
export default {
  methods: {
    goAbout () {
      this.$router.push({ path: 'about' });
    }
  }
};
</script>

関連記事

  • vue-router webpackでページごとにファイルを分割する

    vue-routerでシングルアプリケーションを作成していると、ページ数が増えるにしたがって作成されるjsファイルのファイルサイズもどんどん増えていきます。ページごとにファイルを分割し、そのページがア...


  • vue-router 現在のパスによってスタイルを変更する

    vue-routerでシングルページアプリケーションを作成する際に、例えばヘッダやサイドバーのナビゲーションで現在表示しているページのリンクを無効にしたり色を変えたりしたい場合があります。vue-ro...


  • vue-routerを導入してSPAを作成する

    Vue.jsのプロジェクトにvue-routerを導入してシングルページアプリケーション(spa)を作成します。最初にvue-routerのパッケージをインストールします。router-linkはナビ...


  • vue-router 各ページ表示時に処理を行う

    vue-routerで各ページに遷移したタイミングで初期化などのメソッドをコールしたい場合があります。以下のようにbeforeRouteEnterで各ページ起動時に処理を行うことができます。befor...


  • vue-router ページ遷移時にアニメーションスクロールをする

    vue-routerでページ遷移するときにスクロールの位置をトップ(一番上)に移動させたいとき、公式サンプルにしたがって以下のように実装します。routerの値をwatchして、変更されたタイミングで...


  • Electronとvue-routerを併用するときの注意点

    Electronとvue-routerを使うときに、ページ制御がうまく行かないときはrouterの設定を確認します。modeがhistoryになっているとなぜかうまく行かなかったのでhashに変更しま...


  • webpack lessをImportしてビルドする

    htmlやbodyなどに適用するベースのクラスを外部のlessファイルに実装して、スタイルをサイト全体に適用したい場合があります。外部のlessファイルをモジュールとしてImportしてwebpack...


  • ExtractTextPluginでcssファイルを出力する

    webpackのプラグインExtractTextPluginを使って、ビルドされたjsファイルからstyleの部分を抽出してcssファイルで出力します。extract-text-webpack-plu...


  • webpack-dev-serverで開発サーバーを起動する

    webpack-dev-serverで開発サーバーを起動します。vueファイル(単一ファイルコンポーネント)をwebpackでビルドページで紹介したwebpack.config.jsにdevServe...


  • webpack モジュールのパスを絶対パスで指定する方法

    自分で作成したモジュールをインポートするときはインポートするファイルを基準に相対パスで指定する必要があります。フォルダ構成によっては深く階層を辿らないといけないので、フォルダ構成が変わってしまうと大変...