zukucode
主にWEB関連の情報を技術メモとして発信しています。

JavaScript システム日付を取得する

JavaScriptでシステム日付を取得するには以下のように、Dateオブジェクトを宣言します。

var today = new Date();
console.log(today.getFullYear() + '/' + (today.getMonth() + 1) + '/' + today.getDate()); // 2017/4/25(現在の日付)

取得したDateオブジェクトから年〜ミリ秒までをそれぞれ取得できます。

月だけは0から始まるので+1をする必要があります。

var now = new Date(); // 現在時刻を2017年4月25日 10時23分45秒678ミリ秒とします
console.log(now.getFullYear()); // 2014
console.log(now.getMonth() + 1); // 4
console.log(now.getDate()); // 25
console.log(now.getHours()); // 10
console.log(now.getMinutes()); // 23
console.log(now.getSeconds()); // 45
console.log(now.getMilliseconds()); // 678

指定した日付のDateオブジェクトを作成

Dateオブジェクトの作成時にパラメータを指定すると指定した日付のDateオブジェクトを作成できます。

var today = new Date(2005, 1, 23);
console.log(today.getFullYear() + '/' + (today.getMonth() + 1) + '/' + today.getDate()); // 2005/2/23

続きを表示

関連記事