zukucode
主にWEB関連の情報を技術メモとして発信しています。

JavaScript 文字列を途中で改行する

JavaScriptで文字列を途中で改行します。主にalertconfirmのメッセージで使用します。

ブラウザに表示する場合は改行コードを<br>タグに置換する必要があります。

改行コード

文字列を改行するには以下のようにコード上で改行してもうまくいきません。

var str = 'コードで改行しても
うまくいきません。';

改行をするには、改行コードを意味する\nを文字列の中に追加する必要があります。

var str = '改行コードで改行すると\nうまくいきます。';

\nという文字列を表示したい場合はJavaScript 改行コードなどの特殊文字を文字列として扱うで紹介するように、エスケープ処理を行う必要があります。

テンプレート文字列

ES2015ではテンプレート文字列を使うことができます。シングルクォーテーション(')やダブルクォーテーション(")ではなくバッククウォート(`)で囲うことにより、コード上の改行をそのまま改行コードとして扱うことができます。

var str = `テンプレート文字列は
コード上の改行が
そのまま改行コードになります。
`

ちなみにバッククウォートは一般的な日本語配列のキーボードのshift+@で入力できます。

テンプレート文字列はchromeedgeなどの最近のブラウザは対応していますがIE11以下は対応していません。

ブラウザ対応状況(Can I use...)


続きを表示

関連記事