zukucode
主にWEB関連の情報を技術メモとして発信しています。

JavaScript 改行コードなどの特殊文字を文字列として扱う

改行コード(\n)やダブルクォーテーション(")、シングルクォーテーション(')などの特殊文字を文字列として扱うためにはエスケープをする必要があります。

エスケープ

特殊文字は基本的には特殊文字の前にバックスラッシュ(\)をつけると普通の文字として認識されます。

var test1 = '\'シングルクォーテーション\'を文字列として扱います。';
var test2 = '\"ダブルクォーテーション\"を文字列として扱います。';
var test3 = '改行コード\\nを文字列として扱います。';

続きを表示

関連記事