zukucode
主にWEB関連の情報を技術メモとして発信しています。

JavaScript 配列を検索して存在チェックをする

JavaScriptで配列の中に指定した値が含まれているどうかの存在チェックをするにはindexOfを使用します。

var arr = [1, 2, 3, 4, 1, 2];
console.log(arr.indexOf(2)); // 1
console.log(arr.indexOf(5)); // -1

指定した値が存在する場合は、最初に存在した要素のインデックスを返します。

存在しなかった場合は、-1を固定で返します。

以下のように戻り値が-1かどうかを判定して存在チェックを行います。

var arr = [1, 2, 3, 4, 1, 2];
if (arr.indexOf(5) === -1) {
  // 存在しない場合の処理
  console.log('5は配列に存在していません。');
} else {
  // 存在する場合の処理
}

関連記事